ブログBlog

ブログ

ブログ

【症例13】酸蝕とむし歯

歯科治療について,症例

2023/12/21

こんにちは、アベニュー歯科クリニック大泉学園院長の高野です。

先日に続いて、コンポジットレジン修復の症例をご紹介します。
むし歯だけでなく、酸蝕に応用した症例です。


主訴は歯が欠けた、です。
歯が欠けたという場合、ほとんどがむし歯なのですが、
今回は酸蝕も影響していそうです。

歯の酸蝕症とは、
酸性食品や飲料の影響で、エナメル質が溶解して失われ、その下の象牙質が徐々に溶けていく症状を指します。
エナメル質は人体の中で最も硬度の高い組織ですが、しなやかな象牙質の裏打ちがなくなると
パキパキと割れてきてしまいます。

象牙質は弱酸性のPHでも削れてしまうので、日ごろの食事で徐々に進行し、
残ったエナメル質(遊離エナメル)が欠けてくるとようやく患者さんが気づく、と発見が遅れがちです。





酸蝕の部位は丸くエナメル質が失われて、中の象牙質が磨かれたように光っています。

一方で、むし歯の場所は中の象牙質が変色し軟化しているため、見た目が全く異なります。




むし歯部分を切削し、健全な象牙質を出します。

酸蝕の部分は高度の石灰化しているため切削はしません。

どちらもエナメル質のみ酸処理(セレクティブエッチング)を行います。



両方ともコンポジットレジンで充填します。

それぞれの窩洞を別々に充填でき、歯を削る量が減らせていいですね。

酸蝕は食生活習慣で予防、改善に取り組めます。


当院では、衛生士のサリバテストやメインテナンスの際、食生活のアンケートを行っております。





練馬区のかかりつけ歯科医として、土曜日も診療しております。

小児歯科、一般歯科、矯正歯科、口腔外科、訪問歯科、予防歯科、

歯・歯ぐきの悩み、入れ歯の不具合、インプラント、

飲みこみの悩み(障害)は、アベニュー歯科クリニック大泉学園にご相談ください。


東京都練馬区の歯科医院
アベニュー歯科クリニック大泉学園

住所
東京都練馬区東大泉6丁目47-12
診療時間
午前 9:00 - 13:00
午後 14:30 - 18:00
- 18:30(水曜日のみ)
休診日
木曜 日曜 祝日
最寄駅
大泉学園駅
電話番号
03-5935-7555

戻る

あなたへのおすすめ記事

アベニュー歯科クリニック

一般歯科をはじめ小児歯科、予防歯科、義歯、インプラント、美容歯科、セレック、矯正歯科など、幅広い診療に対応

お問い合わせ・予約受付
TEL03-5935-7555

アベニュー歯科クリニック

診療時間
9:00 - 13:00 / /
14:30 - 18:00(水14:30 - 18:30) / /

休診:木曜・日曜・祝日
7月より木曜日も診療いたします