インプラントPeriodontal disease

インプラント

インプラント

インプラントインプラント

インプラントは、歯が無くなってしまった部分の顎骨に、人工の歯根を設け、
その上にセラミック製の歯を被せることにより、歯を失う前と同じような機能を
回復するための治療法です。

むし歯や歯周病にならないよう予防することが大切ですが、
「不幸にも何本かの歯を無くしてしまった方」や「入れ歯を入れたくない方」、 
そんな方のための優れた治療法がインプラントと呼ばれる人工歯根治療法です。
その感覚は、まるで自分の歯のように安定した状態を保つことができます。

また現在、インプラントの素材はチタンが主流となっています。
チタンは骨と結合しやすいという特徴があります。
インプラントは健康な歯を削らずに、天然の歯と同じような感覚で噛むことが可能になります。
抜けてしまった部分を治療するために残っている歯を削りたくない、
入れ歯は気になって食事がしにくい、といった患者様にインプラント治療は適しています。

インプラントは壊れにくく、噛みやすさを考慮した、多くの形状のものが開発されています。
さまざまな改良が加えられており、世界で数百種類、日本でも20種類以上のものが認可・使用されております。
歯を失ってしまったが自分の歯と同じように噛みたい、入れ歯が不快、といった方は
ぜひインプラント治療をおすすめいたします。

インプラント

メリット
インプラントのメリット、それはやはり、
天然歯と変わらない感覚で食事が可能な点にあります。
義歯や入れ歯では、どうしても感触がちがったり、熱い・冷たいといった
感触が感じにくく、食事をしていてもどこか物足りない…
そう感じている方はかなりいらっしゃいます。
インプラントでは、そういった問題を解決し、
楽しく食事を摂ることができます。

また、メンテナンスこそ必要ですが、しっかりとご自身がインプラントの
維持を行うことでその性能はかなりの長期間保証されます。
義歯や入れ歯のように割れたり、使っている間に形が合わなくなって
作りなおしたり…といったお悩みからも解消されます。

義歯と比べどうしてもお値段は高くなってしまいますが、
補って余りある利点がありますため、近年では非常にご要望が増えております。

食事の際に自分の歯に近い使用感が得られる。
見た目が天然の歯に似ているため、歯を補っていることが人に気づかれにくい。
入れ歯のように取り外して清掃する必要がない。
デメリット
自費診療のため費用がかかる。
外科手術が必要になるため治療期間が長い。
歯槽骨の量や厚みが少ないと適用できないことがある。

インプラント

どんな人にインプラントは向いているか

基本的に、インプラントは自分の歯とほとんど変わらない使用感を得られ、違和感もほとんど感じず、
食事や会話をすることができます。見た目も入れ歯と比べて審美性が高いのが特徴です。
一方、大掛かりな手術を行うため、費用や治療期間の負担が大きくなることがあります。
また、顎の骨の量が足りないと適用できないため、骨移植手術などで補う必要がある場合もあります。

また、インプラントではメンテナンスが必要になります。
それは、土台となっている顎の骨にトラブルが起こった場合、人工の歯を支えられなくなるためです。

インプラントは、次のような方に向いています。

  • 1 8歳~20歳以上の大人の方
  • 審美性を重視したい方
  • 全身疾患などの持病がない方
  • 自分の歯と近い機能性・使用感を得たい方
  • 金属アレルギーがない方
  • 顎の骨がしっかりしている方
  • 事故やスポーツ、虫歯などで若くして歯を失った方
  • 重度の歯周病ではない方

歯を補う方法

は、
インプラントだけでなく入れ歯やブリッジなど他の方法もあります。
インプラントのメリットとデメリットを両方踏まえた上で選択するといいでしょう。また、インプラントはお口の中の状態によっては治療が行えないこともありますので、当院の歯科医師が診断し、適した方法をご案内させていただきます。

歯を補う方法

アベニュー歯科クリニック

一般歯科をはじめ小児歯科、予防歯科、義歯、インプラント、審美歯科、矯正歯科など、幅広い診療に対応

お問い合わせ・予約受付
TEL03-5935-7555

アベニュー歯科クリニック

診療時間
10:00 - 13:00
15:00 - 20:00(土日 14:00 - 18:00)

休診:祝日