小児歯科Pediatric dentistry

小児歯科

小児歯科

小児歯科小児歯科

小児歯科専任医が成長発育に沿った予防、治療をいたします。
初めてのお子様も安心していらしてください。

たいていのお子様にとって、
歯医者は「怖い」というイメージで考えられています。
当院では、お子様の恐怖心をなくすところから、スタートいたします。
怖がるような言い方や、治療の仕方を極力避け、
頑張ったら頑張った分だけスッキリした気分になれる、
そんな治療を心がけております。

保護者の方へのお願い
お子様が怖がるような言葉を家でも使わないことをおすすめいたします。
・麻酔・・・「歯を眠らせる」という表現を使う。
・治療中・・・「痛くない?」ではなく「大丈夫?」と聞いてください。

小児歯科

予防・治療

フッ化物の塗布・シーラント・キシリトールの使用

子どもの乳歯や生えたばかりの永久歯は、大人の歯よりもむし歯になりやすく、進行も早くなります。
よって虫歯予防のためにフッ化物の塗布やシーラント、キシリトールなどの正しい使い方を指導しています。
フッ化物塗布とは、高い濃度のフッ化物溶液やゲルを歯の表面に塗ることで、虫歯を予防することができるものです。
フッ素のむし歯予防効果は世界中で証明されており、水道水への添加がされている国もあります。
当院ではお子様のフッ化物塗布は無料で行っております。

歯磨き指導

歯の汚れの染め出しを行った後、一人一人に合った磨き方の指導などを行います。

虫歯治療

予防がメインですが、虫歯になってしまったお子様の歯の治療も行います。

歯並び・かみ合わせの不正の予防・矯正

お子様の歯並びが悪いと気づいた保護者の方が心配になってご相談に来られることがよくあります。
子どもの顎はまだ成長段階にありますので、悪化させないうちに早めに調整しておくことで、歯並びやかみ合わせの大きな不正も予防できます。
矯正専門医と連携をし、乳歯と永久歯の混在している時期から、最適な矯正治療のスタートのタイミングをご提案いたします。

予防・治療

GCRP(Gross Caries Removal Procedure)

幼若な歯に対し、削りすぎず神経を守る治療法を取り入れています。

歯をぶつけて、歯がぐらついてしまった、折れてしまった、抜けてしまった場合などもご相談ください。
子どもの歯が大人の歯に入れ替わるより早く抜けてしまった場合に、
大人の歯が生えてくるためのスペースを保つ保隙装置もあります。ご相談ください。
家庭でできること
歯がはえてきたら、まず歯磨きの練習をしましょう。 
毎食後30分前後に磨くのが良いです。

また、その他に下記のような点にも注意してあげることが重要になります。
・就寝中は虫歯菌が活発化しますので、特に就寝前の歯磨きには念入りに磨いてください。
・歯ブラシはヘッドが小さくて植毛がしっかりしているものを選んで下さい。
 また、あまり柔らかい歯ブラシは効率よく清掃できません。
・強い歯をつくるために、歯磨剤を正しく選んで正しく使うことも大切です。

※当院では、年齢や歯の生え方に応じ、歯科医院専用の歯ブラシや歯磨剤を紹介しています。お気軽にお尋ね下さい。

お子様の歯を守る

保護者ができる虫歯予防

お子様が小さいうちは歯磨きが行き届きにくい上に、歯質が大人よりも弱いため、
虫歯になりやすいです。また、ちょっとした指しゃぶりや舌癖などによって
歯並びが悪くなってしまうこともあります。
お子様の歯を、歯の病気や歯並び・かみ合わせの悪化から守るためには、
保護者の方が日頃から次のようなことをしてあげるようにしてください。

虫歯は放置しないようにしましょう

特に乳歯は一度虫歯になると進行しやすいことから、
放置するとあっという間に重度の虫歯になってしまいます。
また子どもは大人よりも痛みを感じにくいため、早めに気づいてあげて、歯科医院を受診するのをおすすめします。

虫歯は放置しないようにしましょう

だらだらおやつを
食べさせないようにしましょう

虫歯の原因になる甘いおやつは、
だらだらといつまでも口の中に残さないようにしてあげましょう。
おやつの時間を決めて、30分前後に磨くのが良いです。

だらだらおやつを食べさせないようにしましょう

仕上げ磨きをしてあげましょう

子どものうちは、自分一人では満足に歯磨きができません。
奥歯までしっかりと磨けていないことも多いので、小学校に上がる前くらいまでは仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
歯の表面、裏側、噛む面を丁寧に、お子様の口のサイズに合ったブラシで丁寧にみがいてあげてください。

仕上げ磨きをしてあげましょう

乳歯でも奥歯が生え揃ったらフロスを通してあげましょう

むし歯になりやすい部位は年齢によって変わってきます。
乳歯は小さいと思われると思いますが、乳臼歯は実はそのあとに生えてくる永久歯である小臼歯よりも大きいのです。
その歯と歯の間は歯ブラシだけではきれいにしてあげられません。
永久歯がきれいに並ぶための大切なスペースというバトンを渡す役割を果たす乳臼歯、歯と歯の間のむし歯ができると両方の歯がむし歯になってしまいます。
実演を交えながら、お母さん、お父さんに、お子さんのフロスの使い方をお伝えします。

だらだらおやつを食べさせないようにしましょう

定期健診を活用しましょう

かなり進行するまで痛みの出ない乳歯。むし歯の進行が速い乳歯。
小児のむし歯は黒くならないことが多いって知っていましたか。平成27年の地域保健・健康増進事業報告から、3歳児のむし歯の本数は0.6本、12歳児が0.9本まで減少しており、年々子どもたちの口の中からむし歯が減ってきています。予防が確立されてきた今、小児歯科医による定期検診は子どもたちのむし歯を減少させるメソッドが有効なことは明らかです。

仕上げ磨きをしてあげましょう

歯医者を怖い場所にしないでください

痛い思いをする場所だと思い込んでいませんか。
子どもたちにとって、むし歯にならないためにクリーニングに行く場所でありたいと思っています。そうなることで、子どもたちが大きくなっても検診を受けに、クリーニングを受けに歯医者に足を向けることが自然とできるようになります。

だらだらおやつを食べさせないようにしましょう

アベニュー歯科クリニック

一般歯科をはじめ小児歯科、予防歯科、義歯、インプラント、審美歯科、矯正歯科など、幅広い診療に対応

お問い合わせ・予約受付
TEL03-5935-7555

アベニュー歯科クリニック

診療時間
10:00 - 13:00
15:00 - 20:00(土日 14:00 - 18:00)

休診:祝日