義歯・入れ歯Denture / false teeth

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯義歯・入れ歯

義歯とは、いわゆる「入れ歯」です。
入れ歯の種類には下記のようなものがあります。
・部分入れ歯
歯が抜けてしまって、ブリッジが適応できない場合には、
部分入れ歯による治療になります。

・総入れ歯
歯が1本も残っていない場合には、
総入れ歯(総義歯)により治療を行います。

保険治療の場合には、金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯による
治療となりますが、保険外治療であれば、クラスプが付いていないものなど
様々なタイプの入れ歯があります。

義歯・入れ歯

入れ歯・義歯の種類

それぞれの入れ歯には、メリットもデメリットもあります。その両方を確認しておきましょう。

※床(しょう)…入れ歯のうち、歯茎に似せたピンク色の土台のこと
※クラスプ…部分入れ歯で使われる、入れ歯と残りの歯を固定するための留め具のこと。通常金属が使用される。

レジン床義歯

入れ歯の床に、歯科用プラスチックであるレジンを使用した入れ歯です。

メリット
保険適用で安価。
調整や修理がしやすい。
デメリット
厚いため違和感が出やすい。
変色やすりへりなど劣化が起きやすい。

レジン床義歯

金属床義歯

入れ歯の床に、歯科用プラスチックであるレジンを使用した入れ歯です。

メリット
強度が高いので薄くすることができることから、違和感が少ない。
飲食物の温冷が伝わりやすいので美味しく食事ができる。
デメリット
保険が適用されない。
金属アレルギーの方は使用できない。

金属床義歯

クラスプを使わない入れ歯

部分入れ歯では通常、金属のクラスプで固定しますが、
床部分が歯に留める部分とつながっテレスコープデンチャーやノンスクラスプデンチャー、シリコンデンチャー、マグネットデンチャーなどがあります。

メリット
審美性が高い。
薄く作ることができるものは違和感が少ない。
デメリット
保険が適用されない。
歯を削る必要があることもある。

クラスプを使わない入れ歯

クラスプが白いプラスチックの入れ歯

部分入れ歯では通常、金属のクラスプで固定しますが、
床部分が歯に留める部分とつながっテレスコープデンチャーやノンスクラスプデンチャー、シリコンデンチャー、マグネットデンチャーなどがあります。

メリット
天然の歯と色が似ているため、金属のクラスプと比べて目立ちにくい。
デメリット
クラスプの強度が落ちる。

クラスプが白いプラスチックの入れ歯

アベニュー歯科クリニック

一般歯科をはじめ小児歯科、予防歯科、義歯、インプラント、審美歯科、矯正歯科など、幅広い診療に対応

お問い合わせ・予約受付
TEL03-5935-7555

アベニュー歯科クリニック

診療時間
10:00 - 13:00
15:00 - 20:00(土日 14:00 - 18:00)

休診:祝日