診療案内

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 義歯
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 歯の治療について
私達と一緒に働きませんか?ご応募お待ちしております。
歯科医師歯科衛生士歯科助手
詳しくはこちら
ブログ
アベニュー歯科クリニック大泉学園

ご予約・お問い合わせ 03-5935-7555

大泉学園の住所

東京都練馬区東大泉6-47-12

歯科医院の受付時間

月〜金:
10:00〜13:00 / 15:00〜20:00
土・日:
10:00〜13:00 / 14:00〜18:00
休診日:祝日

Doctor’s File ドクターズ・ファイルに掲載されました。
当院はAEDを導入しております。

一般歯科

歯の構造について

歯は、以下のような構造と特徴を持っています。

治療の際は歯の構造と特徴を踏まえた上で、
最適な治療手順を選定する必要があります。
こちらでは、むし歯や歯周病の治療手順についてご紹介をいたします。

むし歯について

むし歯の段階と症状

エナメル質の中のむし歯(C1)

硬いエナメル質ですが、歯ブラシだけでは溝の深いところや
歯と歯の間に汚れが残ってしまうことがあります。
放置してしまうと、初期のむし歯ができ始めますが、
この段階では痛みはありません。

この段階では、フロスをしたりフッ素を塗ったりと、
予防処置をすることでむし歯が大きくなるのを防ぐことが出来ます。

最近は予防歯科といってむし歯にならない対策がたくさん考えられています。
定期検診で歯医者さんに通院して、クリーニングを続けることも
その1つです。

>予防歯科についてはこちら

象牙質に進んだむし歯(C2)

象牙質の中まで進行したむし歯は症状が出てきます。
代表的なものとしては
「冷たいもので歯がしみる」
「ときどき疼く感じがする」
「ジャリッと白い破片が口の中から出てくる」
「歯が欠ける」

といった自分でもわかる症状です。

このくらいの大きさの場合は、
CRやダイレクトボンディングといった直接修復が最近の主流です。

このくらいまで進行すると、
食事中にご飯を咬むと痛い感覚も出ることが多くなります。

むし歯を取り切ったときに神経に近い位置まで削っているので、
術後に痛みが出ることがあります。

術後に冷たいものが一時的にしみる程度であれば
経過を見て改善することもあります。
温かいものがしみたり、何もしていないときに痛むと、
神経の処置になることもあります。

治療処置、詰め物を入れたのち、インレーでの修復を行うか、
痛みが出たら神経の処置へ移行します。
また、この段階からむし歯の再発(二次う蝕)を繰り返すと、
同様に神経を取る治療に進んでしまいます。

歯髄まで進んだむし歯(C3)

いわゆるむし歯の痛みが出てくる段階です。
冷たいものだけでなく温かいものを口にすると持続的に痛みが出てきます。

何もしていなくてもズキズキと痛む、夜になると痛みが強くなり、
寝れなくなったり痛み止めが効かなくなるくらいまで痛むこともあります。

一説によると、むし歯の痛みというのは
人間の耐えられる痛みの中で2番目に痛いといいます。

それくらいの激痛が出ますので、いざ処置をしようとしても
麻酔が効きにくかったり、術後に痛みが残ったりすることがあります。
ここまで大きなむし歯になる前に歯医者さんにかかってください。

この段階まで達してしまったむし歯は、神経の処置(PE)をして、
土台を入れてかぶせものにします。

骨の中に膿をつくるむし歯(C4)

激痛の時期をこらえると痛みがなくなります。
しかし歯が治ったわけではなく、歯の終末期になっただけです。

神経が死に、根の中を口の中の細菌が汚染するため、
根の先の歯を支えている骨の中に膿が溜まります。
この状態で放置すると全身に細菌が回ってしまいます。

この段階だと抜歯になることもあります。
抜歯した後はブリッジ、インプラント、義歯などを使って
生活することになります。

根の治療の流れ

こちらでは、歯の根の治療手順をおおまかにご紹介しております。

治療の開始

歯の神経まで感染したむし歯の治療です。
ここまで進行すると、神経を取って、コア(土台)を入れて、
クラウン(かぶせもの)で歯を修復する治療になります。

感染部位の除去

黒いところが感染した神経です。
若干根の先に膿の袋ができています。
ヤスリのような細い道具を使って、
感染した部分を取り除いていきます。

根と神経の掃除

細い根の中を、少しずつ掃除していきます。
歯の種類によって、神経の本数は違います。
前歯だと1本ですが、奥歯だと4本かそれ以上あることもあります。
個人差で本数や形が違うので、治療の進み方や回数に幅があります。

1つ目の根の掃除 完了

1つの根の掃除が終わりました。
残りの根の掃除も同様に行っていきます。

二次処置の開始

すべての神経の処置が終わりました。
根の先にあった膿の袋がなくなっています。
咬んだときの痛み、刺激による痛みがなくなっていれば、
根の治療は終わりになります。

防腐剤の導入

症状がなくなったので、根の先から防腐剤を詰めていきます。
きちんと詰められているか、レントゲンを撮影します。

コア(土台)の設置

神経の処置が終わった前歯を例にご紹介いたします。
防腐剤が詰められたあとはコア(土台)を立てていきます。

歯根破折の防止

グラスファイバーか金属の土台を差し込みます。
神経を処置した歯は、例えるなら枯れ枝に近い脆さがあります。
そのため、グラスファイバーなどの弾性をもつ材料で
土台立てをすることで歯根破折を防ぐことができます。

かぶせものの装着(完成)

神経がない歯をそのままにしておくと、
変色やひびが入って割れる原因になります。
土台の上に、歯の形をしたかぶせもの(クラウン)をして完成です。

歯肉の状態について

健康な歯肉

歯と歯肉の間に歯周ポケットという溝があります。
炎症のない健全な歯肉では1〜3mmしか入りません。

歯肉炎は歯周病の前段階

歯の周りに汚れや歯石が付いたままになると歯肉が炎症を起こします。
これが歯肉炎という状態です。

この段階ではまだ歯を支えているあごの骨(歯槽骨)は溶けていません。
歯ブラシのときの出血や軽い痛みがある程度です。

治療は、超音波スケーラーで汚れを落とし、
ご自身の歯ブラシでしっかりと汚れを落とすことから始まります。

歯周病という状態

歯の周りに汚れや歯石が付いたままで、
出血や痛みの症状を放置してしまうと、
炎症は歯を支えているあごの骨を溶かします。

歯周病は病態が進んでも症状があまり出ないので注意が必要です。
レントゲンで発見されることも多く、定期検診が特に大切です。

歯周病の治療

歯周ポケットの確認

まずは、歯周ポケットの深さを確認します。

 
SRPの開始

SRPとは、超音波やハンドスケーラーで付着した歯石や汚れを取っていく処置です。
必要に応じて深い部分には麻酔を使います。
また、歯の周りの汚れ(プラーク、バイオフィルム)を取り除くために、
専用器械で磨き上げも行います。これをポリッシングといいます。

 
SRP   ポリッシング
歯周ポケット内の掃除

歯周ポケット内の歯石や汚れをスケーラーでかき出します。

 
掃除と治療の完了

治療前の腫れ、出血がある歯肉から、歯石、プラークがなくなり炎症が治まった歯肉になりました。
歯周病は再発もしやすい病気のため、衛生士さんと一緒に歯ブラシ習慣のチェックと
検診を続けていきましょう。

 
治療前のイメージ   治療後のイメージ